静岡高教組の教育研究ブログです
ページ: 2/2  << 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
静岡・高校理科サークル通信
 






| 教育実践・授業 | 09:58 | comments(0) | trackbacks(0) |
教育研究集会特別企画ーー「図書館を学校の中心に」
課題別教育研究集会 於:島田工業高校
10月25日(土

10:00〜 講演「いま教育現場に必要な「評価」と「同僚性」とは」
       講師 絹村俊明 さん


13:30〜16:00 分科会〜特別企画〜
「図書館を学校の中心に」ー図書館が育てる真の学力


学力世界一のフィンランドでは
図書館が学校の中心にあり、授業で図書館が大いに使われ、
主体的な調べ学習や総合的な学習が盛んです。 
一方日本では、学校図書館の重要性、読書の大切さは語られはしますが
ほとんどの学校では図書館は学校の片隅に置かれているのではないでしょうか。
どのように授業で学校図書館を活用したらよいでしょうか。
授業で使える図書館、図書館を使った授業をどう作っていったらよいのでしょうか。
図書館を使って、生徒たちの主体的な学びをどのように育てたらよいでしょうか。
授業の実践レポートをもとに、みなさんでノウハウを出しあいながら学びあいましょう。
授業でどのように図書館を活用しようかと考えていらっしゃる教科の先生、司書の方々、
活用したくても条件が悪くてできないと悩んでいるみなさん、
この機会を逃さず、実践と理論とを学びあうために、悩みを出し合うために
お誘いあわせのうえ、ぜひご参加ください。
たくさんの方のレポート大歓迎です。お待ちしています。

内容
《前半》〈分科会C 憲法を生かす教育実践分科会〉+〈分科会D 学校図書館分科会〉

・真の学力を引き出す、調べ学習・総合的な学習・地域活動の実践
  藤枝北高校 橋本純さん 
・図書館を使った調べ学習の授業
  藤枝北高校 司書 中野偉津子さん、家庭科 丹治静子さん、社会科        橋本純さん


《後半》〈分科会D 学校図書館分科会〉
・司書のいない学校図書館の問題点(仮題) 
  大平台高校 図書課 吉田和夫さん
・授業援助&耐震工事との戦い(去年の続き)
  三島北高校  司書 杉山和子さん
 
*午後のみの参加もできます

■ お問い合わせ 静岡高教組 教文担当 谷 峰夫(島田工業高校 0547─37─4194)
JUGEMテーマ:学問・学校


| 教育実践・授業 | 00:11 | comments(0) | trackbacks(0) |
教育研究全国集会2007案内
「みんなで21世紀の未来をひらく教育のつどい in ヒロシマ」

「教職員の資質向上」のためにと称して、国・県教育委員会は「教職員評価制度(新勤務評定)」「教員免許更新制」を強行しようとしています。他方、私たちは毎年、全国の教職員・父母・こども・学生・市民・研究者とともに、「全国教育研究集会」を開催し、日頃の教育実践・研究成果の交流、教育課題についての意見交換・討論などを行っています。今年は下記のように行われます。

国と私たちのどちらが子どもと教育を大切にし、教職員の力量向上に役立っているか一目瞭然ではないでしょうか。

関連資料をご希望の方は高教組本部にご連絡下さい。( TEL 054-254-6900 )

開会全体集会  8/16(木)広島国際会議場13:30〜17:00
   記念講演 「未来をつくる−平和へのメッセージ-」
    渡辺えり子さん 劇作家/演出家/女優
 
合唱構成  ヒロシマから いのち輝く 明日へ 

分 科 会   8/17(金)18(土) 一部は19日も
28分科会+特設1分科会 広島各地
<静岡高教組のレポート発表者>
○国語教育 池田和彦さん(沼津城北高校)「古典文法の指導のあり方をめぐって」
○理科教育 篠崎 勇さん(静岡東高校)「遺伝ゲーム:〈遺伝〉の導入をゲーム方式 にして」
○生活指導・自治活動 酒井慶助さん(三島北高校定時)「現場教育法研究と担任実践──全定を通じて──
○障害児教育 岩品敦子さん(静岡聾学校)「みんなで協力して感動のある発表をしよう!」
○文化創造と教育 橋本 純さん(藤枝北高校)「主権者は主催者からーーめんどくささを楽しむ教育実践」
  
教育フォーラム 8/19(日)10:00〜13:00
8つの教育フォーラム 広島各地
    1.「全国一斉学力テスト」ってなんだったの?
      ーーどの子にも豊かな学力を
    2.今の社会、ヘンじゃない?ーー貧困と格差が子どもを直撃する
    3.人間らしく働きたいーー青年の進路・就職・働き方を考えよう
    4.大人が知らない子どもの世界ーーみんなで語ろう、子どものこと
    5.こんな学校つくりたいなーー子ども・父母・教職員と一緒に
    6.考えよう、私の町の教育ーーあるんだ!こんな教育委員会も。
     町づくりと 教育を考えよう。
    7.特別な教育的ニーズを持つ子どもたちは今
    8.教育をどう「再生」させようとするの?
     ーー「教育再生会議」がねらうもの


    


| 教育実践・授業 | 17:51 | comments(0) | trackbacks(1) |
ピースメッセージの実践が英語教科書に
 粕谷たか子高教組委員長(現在、藤枝北高校)が日本とアメリカを結んで「平和メッセージの配達人」の取り組みをした実践が教科書に載りました。

 以下は毎日新聞記事と、三友社の英語教科書『COSMOSII』の中身です。

 第五福竜丸の話から平和メッセージの話まで、島田商業高校時代の教育実践などを教材化しています。









| 教育実践・授業 | 17:56 | comments(0) | trackbacks(0) |
新任教職員・青年教職員のみなさんへ

「9条Tシャツ」を着て、駿府マラソンに参加したTさん、Yさん、Hさんと応援団

静岡高教組青年部からのご挨拶

満開の桜が、花吹雪となって舞いだしました。ケヤキの枝に緑の葉が広がり始めました。万物が躍動する春です。
みなさん、こんにちは! 
私たちは静岡高教組に「宝」のように大切にしてもらっている、青年部です。
私たちが「宝」のように大切にしたい・守りたいものは、生徒たちと日本国憲法第9条です。

高校や障害児学校の現場で、今私たちは忙しさに追われています。会議や書類仕事が多く、生徒と向き合う時間もなかなか取れません。部活動の指導もあり、平日夜遅くまで学校に残ったり、土日に学校に出たりすることが少なくありません。また、教育はチームで行うべきなのに、それを引き裂くかのような民間の成果主義に基づいた「教職員評価」が実施されようとしています。

こうした状況だからこそ、私たち青年部は次のようにねがっています。
より良い教職員になりたい、より良い学校を作りたい、より多くの仲間を迎え入れたい。
そのために、私たち青年部では次のような活動をしています。

学習の場を設け、教師として大切な「ワザとココロ」を・力量を付けようと努めています。仲間と共に楽しみながらやれば効率が上がります。そうした場が「夏(秋)の一泊二日の合宿」や「2月の半熟フォーラム」などです。魅力ある学習交流会を企画し、多くの仲間を誘って成功させようと取り組んでいます。

また、平和と憲法9条を守る運動にも努めていますBBQや山登りなどを仲間と楽しみながら、同時に憲法のアピールを気軽にやっています。青年部で企画し毎年実施する「平和の旅」には特に力を入れています。これまでに14回、世界中・日本中に平和をさがす旅に出かけてきました。(高教組HPをご覧下さい)
そして、広く青年教職員の要求をくみ上げ、県教委への要求書を作成し、交渉を通して働きやすい環境作りに努めます。特に「過重・過密労働の解消」「臨時教職員の待遇改善」を重点課題として取り組んでいます。

硬いことを書いてきましたが、まずは一度、気楽に私たちに声をかけて下さい。そして、私たちの活動に参加してみて下さい。私たちもいまだに悩み・学び続けている、「半熟」教師です。だから、共に力を合わせ、諸問題について話し合ったり、交流会で結束を固めたりしています。また、多くの仲間たちと「つながる」「連帯する」ことを目指して、積極的に各地に・各イベントに出向いて刺激や勇気をもらっています。

私たちはあなたとつながりたい。あなたが組合に入って仲間となってくれることを心より期待しています。

| 教育実践・授業 | 22:10 | comments(1) | trackbacks(0) |
2006年度 民教連加盟団体 夏期全国集会一覧
 今年度の民間教育研究団体連絡協議会(民教連)の夏期全国大会の日程などをお知らせします。
 
◯ 団 体 名
1 日 時・場 所  
2 テーマ(講演)
3 内容(講演)
4 申し込み・問い合わせ先

◯ 図工美術教育研究『新しい絵の会』
1 8/3〜4 神戸市勤労会館(三ノ宮)
2 記念講演・灰谷健次郎「子どもの眼と心」
3 楽しい実技、発達別分科会・課題別講座・基調報告など
4 Tel 078−391−2961(国際ツーリスト・桝本)

◯ 音楽教育の会
1 7/28〜30 滋賀県立体育館
2 テーマ「音楽は生きる喜び」
3 授業の実践テープを聴き、子どもが育つ事実について話し合います
4 藤田 09-4725-7396

◯ 科学教育研究協議会
1 8/2〜4 横浜市関東学院中・高他
2 自然科学をすべての国民のものに 
3 講演・平 朝彦氏
4 JTB団体旅行横浜支店Tel045−312−3333

◯ 家庭科教育研究者連盟
1 8/2〜4 長野市高校会館・教育会館
2 子どもの生活を真ん中にしてつくる家庭科教育−子ども・地域・おや・他教科とともに−
4 JTB長野支店・国政Tel026−227−5432

◯ 学力の基礎をきたえどの子も伸ばす研究会
1 8/5〜6 エル大阪
2 講演・川島隆太(東北大)「子どもの脳の発達と読み・書き・計算」
3 全体会・実戦報告
4 JTB西日本EC Tel06−6260−5076

◯ 学校体育研究同志会(体育同志会)
1 8/2〜4 宮城県松島市
2 テーマ「すべての子どもに豊かな運動文化と生きる力を!」
3 記念講演・永井洋一氏
4 制野Tel0729−58−6771

◯ 教育科学研究会
1 8/9〜11 東京国際大学(埼玉県川越市)
2 競争と格差に抗して、地域・学校に人間的な自由とかかわり合いを
3 講演・太田 尭氏
4 教科研事務所(火金午後)Tel03−3235−0622

◯ 技術教育研究会(技教研)
1 8/9〜11 札幌市定山渓温泉
2 テーマ「国民のための技術・職業教育の創造を!」
3 講演・斉藤武雄氏・地域の見学会
4 Tel 03−3686−4929

◯ 漢字指導法研究会(国字研)
1 8/8 東京・府中市
2 たのしく学ぶ漢字の指導法 
3 全体会:国語教育・漢字教育の情勢
4 Tel 042−708−4535

◯ 子どもの遊びと手の労働研究会
1 8/5〜7 京都
2 テーマ「子どもとともに遊びと手仕事を!」
3 講演・堀 真一郎氏
4 紺屋冨夫 03−3420−6851

◯ 子どもの人権自由と民主主義を守る協議会
1 8/27〜29 長野:別所温泉、湯田中温泉
2 テーマ「戦争の爪痕そして芸術を見て考える」
4 中原正木(子全協) Tel 049−292−5779


◯ 児童言語研究会
1 8/2〜4 タワーホール船堀(江戸川区)
2 言葉の力・生きる力を育てる国語の授業の創造
3 中西新太郎、窪島誠一郎、杉山裕など
4 関 Tel 04−7139−5580

◯ 新英語教育研究会(新英研)
1 7/28〜31 蒲郡市 ホテルたつき
2 すべての子どもに外国語を学ぶ喜びと平和な未来を開く力を!
3 講演・香山リカ氏
4 村瀬敏浩 Tel0564−52−8911

◯ 人間の歴史の授業を創る会
1 8/11〜13 宮崎市、西都市
2 自主教材「人間の歴史」の授業実践を中心に 
3 西都原古墳のフィールドワーク
4 Tel 03−3263−3469

◯ 数学教育研究会
1 8/3〜5 岩手県花巻温泉
2 未来をひらく数学を〜なぜなぜ・のびのび・わくわく授業〜 
3 記念対談:秋山 仁氏
4 JTB東北盛岡支店 Tel 019−623−4425

◯ 全国学校事務職員制度研究会
1 7/29〜31 大阪コスモスクエア国際センター
2 テーマ「子ども発、子ども行き」子どもが安心して通える学校を〜 
3 講演・二宮厚美氏" 植松直人 
4 Tel 045−901−5896

◯ 全国障害者問題研究会
1 7/28〜30 奈良市
2 テーマ/守るなら平和と民主主義!輝かすなら生命と発達の権利!語り合うなら… 
3 講演・福島 智氏 全障研事務局 
4 Tel 03−5285−2601

◯ 全国進路指導研究会(全進研)
1 8/3〜5 一橋大学
2 テーマ「生きる・学ぶ・働く〜子ども・青年と共に未来をひらく〜」
3 講演・川人博氏、対談・尾木直樹氏
4 谷川 Tel 090−9145−9892

◯ 全国生活指導研究協議会(全生研)
1 岩手県花巻温泉
2 テーマ「他者と出会い、生きる世界をひらく子ども集団づくり」
4 日本旅行盛岡支店 Fax 019−622−7987

◯ 全国到達度評価研究会(到達研)
1 8/7〜9 京都教育文化センター
2 テーマ「すべての子どもに 確かな学力と豊かな人間性を」
3 講演・久保 齋氏
4 西原弘明 Tel 075−711−6849

◯ 全国保育問題研究協議会
1 8/5〜7 川越運動公園総合体育館他
2 基調フォーラム・基礎講座・分科会・シンポジウム・記念講演
4 全国保問研事務局 Tel 03−3818−8026

◯ 全国養護教育サークル協議会
1 8/1〜3 神戸市
2 テーマ「つなぎ合おう みんなの理想を〜いのち輝く明日のために〜」
3 講演・広末克行氏
4 松本洋子 Tel 078−791−8828

◯ 全国幼年教育研究協議会
1 8/19〜20 伊東市ハトヤホテル
2 いのちはぐくみ・いのちかがやき−子どもの笑顔にはげまされ、子どもの想いによりそいながら…
4 大石 Tel 0424−73−4876

◯ 地理教育研究会(地教研)
1 7/29〜31 鹿児島大学
2 「子どもとともに地域に学ぶ地理教育の創造を」
3 講演・西村富明氏
4 地教研事務局 Tel 03−3237−7279 

◯ 日本演劇教育連盟
1 8/1〜4 神奈川県立青少年センター
2 すべての子どもにドラマの教育を!
3 講演・岡田 淳氏
4 Tel 03−3983−6780

◯ 日本作文の会(日作)
1 7/28〜30 福島県文化センター他
2 すべての子どもに生活に根ざした表現と生きる力を 
3 講演・米倉斉加年、大石邦子
4 トップツアー大宮支店 Tel 048−640−1009

◯ 日本生活教育連盟
1 8/1〜3 札幌市定山渓ホテル
2 ともに生きる、いのち輝く教育を求めて
3 記念対談「動物・人間・教育」
4 鎌倉 Tel 048−294−1478

◯ 日本文学教育連盟
1 8/7〜8 東京大学・駒場
2 ゆたかな感情とたしかな認識を育てる文学教育
3 講演・内田麟太郎氏
4 松田光一 Tel 044−411−7447

◯ 日本文学協会 国語教育部会
1 8/18〜19 奈良教育大付属小
2 文学教育の展開−読むとはどういうことか−
4 青嶋康文 Tel 042−302−8404

◯ 「人間と性」教育研究協議会
1 7/28〜30 大阪・波切ホール
2 子どもの現実をみつめ、希望をひらく性教育を−からだ・いのち・権利としての性の健康−
4 協議会 Tel 03−3379−7556

◯ 文学教育研究者集団(文教団)
1 8/5〜7 東京都八王子市
2 未来に生きる過去2−太宰治と井原西鶴の喜劇精神
4 成川 Tel 03−3787−7575

◯ 文芸教育研究協議会(文芸研)
1 8/5〜7 豊島公会堂、大東文化大
2 「価値・意味を問う教育」
3 記念対談:谷川俊太郎、今江祥智
4 上西 Tel 080−3253−4742

◯ 数実研 数学教育実践研究会
1 8/5〜7 品川区小山台会館
2 子どもたちの生きる力となる算数・数学教育を創り出そう 
3 講演・元村有希子氏
4 森川みや子 Tel 042−384−1438

◯ 美術教育をすすめる会
1 8/4〜6 三重大学
2 「子どもとともに、ひとりひとりが輝く美術教育を」
3 記念トーク&コンサート:笠木透と雑花塾
4 三辺陽子 Tel 03−3965−1677

◯ 民族舞踊教育研究会
1 7/29〜30 
2 「みんなで学ぼう」その土地を知り、その土地の方々とふれあいながら、「七頭舞」を…
4 和光小(平野) Tel 03−3420−4353

◯ 歴史教育者協議会
1 7/29〜31 所沢市民文化センター
2 「地球に根ざし、平和と民主主義の未来を展望する教育」
3 講演・姜尚中氏
4 事務局 Tel 03−3947−5701

◯ 表現よみ総合法教育研究会(表教研)
1 府中グリーンプラザ
2 理解を深める表現よみ
4 Tel 042−582−1830
| 教育実践・授業 | 06:26 | comments(0) | trackbacks(1) |
高校生活指導 169号(夏号)発売中








 
 高生研機関誌『18歳を市民に――高校生活指導』(青木書店・1200円+税)が発売されました。会員から、あるいは書店からお求めください。

□ 特集1 どんな子がリーダー?
  ○ リーダー不在から始める生活指導の意味
  ○ リーダーづくりで大切な四つの指針
  ○ 私にとってのリーダーとは
  ○ リーダーの育成ということばに待った!
  ○ 友人の助けを借り、みんなが楽しめるクラスを
    追求したリーダー
  ○ 信頼と批判とつながりの中で育ったリーダー達

□ 特集2 学校評価は学校をこわすか
  ○ 狭隘(きょうあい)な学校評価が学校を壊している
  ○ 学校評価の光と影
  ○ 教職員の合意形成と授業評価・学校評価
  ○ 長野県における学校自己評価活動の可能性
  ○ わかる授業と授業評価
  ○ 東京との学校評価

□ センセーのワザ 第3回
  ○ 文化祭をこう企画する
     ―日本庭園、ジェットコースター、モンゴルのゲルなど

□ 高生研全国大会基調討論発題 望月一枝氏
  「公共圏を編みなおす実践への視角」

□ 実践記録 「夜の教室で『つながり』を求めて」
          絹村俊明氏(藤枝東高校定時制)

| 教育実践・授業 | 14:06 | comments(0) | trackbacks(0) |
この夏 全国教研・埼玉へ行きませんか
  「教育のつどい2006(全国教研)」  
 〜全国の実践を知るチャンスです〜
   教員・父母・生徒、どなたでも参加できます
   参加を希望する方は7/7までに
   本部へ連絡下さい



【全体の日程】
 8月17日(木) 午後〜 全体会   
   18日(金) 午前〜午後 分科会
  〜19日(土)
   20日(日) 教育フォーラム(一部:分科会)

【分 科 会】
 1 国語教育
 2 外国語教育
 3 社会科教育
 4 数学教育
 5 理科教育
 6 美術教育
 7 音楽教育
 8 書写・書教育
 9 技術・職業教育
10 家庭科教育
11 体育・健康・食教育
12 生活指導・自治的活動
13 発達・評価・学力問題
14 障害児教育
 A 教育実践と条件整備
 B 小学校期の教育実践
 C 思春期・青年期の創造
 D 自閉症・LD・ADHDなどの教育
 E 「教育改革」攻撃を超える障害児教  育運動の創造
15 幼年教育と保育
16 思春期・青年期の進路と教育
17 両性の平等と教育
18 子どもの人権と学校・地域・家庭
19 平和と国際連帯の教育
20 学校づくりへの子どもの参加、
 父母・教職員・地域の共同
21 教育条件確立の運動
22 環境・公害問題と教育
23 文化創造と教育
24 教育課程・教科書
25 登校拒否・不登校の克服
26 国民のための大学づくり
27 生活科・総合学習
28 今日の教育改革ーその焦点と課題
特設 子ども参加の分科会(仮称)

【教育フォーラム (案)】
 1 学力
 2 障害児・特別ニーズ
 3 若者の働く場・地域経済
 4 「少年事件」から、子育て・教育のあり方を考える
 5 子どもの安全・安心と地域社会
 6 教職員の労働時間・自主的権限と教育の豊かさ
 7 学校選択と子どもたち
 8 教育費無償化を考える
 9 地方自治と教育
10 子ども参加、父母・教職員の共同

| 教育実践・授業 | 13:23 | comments(0) | trackbacks(0) |
全国教研のレポートが決まりました
 今年の夏8月17日から20日にわたって、埼玉県で行われる全国教育研究集会で発表される静岡県のレポートは以下の4レポートです。その内容を紹介します(敬称略)。

第 2分科会「外国語教育」絹村俊明・前田浪江(藤枝東高校・定時制)「『しらけた』クラスの心がひとつになった日──英語劇『桃太郎 PEACH BOY』に取り組んで──」

第10分科会「家庭科教育」轡田徳子(静岡中央高校)「『現代の子どもをとりまく問題』の新聞作りを通して」

第14分科会「障害児教育」奥脇久代(浜松聾学校)「自己の障害を肯定的に受け止め、社会に働きかけて、生活を豊かにする力を育むために」

第19分科会「平和と国際連帯の教育分科会」塚本徹(川根高校)「Evergreen 2年目の活動──生徒・地域の方と高遠菜穂子講演会に取り組む」

 絹村・前田レポートは定時制の授業で英語劇に取り組み、それを総合文化祭で発表した実践です。絹村氏はその英語の授業の担当、前田氏はそのクラスの担任です。教科担当の目とHR担任の目の二つの視点からレポートされています。人間関係の築けない4年生11名がさいしょは無理だろうとだれからも思われていた英語劇を成功させた実践です。特にS君という生徒の成長に目をみはるものがあります。劇の「桃太郎」も最後はどんでん返しの意外な展開となっています。

 轡田レポートは家庭科の授業で新聞をつくらせ文化祭に展示し、さらに「働くことと子育てと」というテーマで発表もさせる。3歳までは母親が子どもを育てるべきかという視点からアンケートや調査などを行い、理論と実践とを結びつけた実践報告です。

 奥脇レポートは聴覚障害の児童を対象に自立活動の実践をしたレポート。社会へと自立させ、かつ社会に対して働きかける力をつけさせる実践です。

 最後に塚本レポートは、高校生・市民・教師を主催者として高遠菜穂子講演会を地域で開いた実践報告です。イラク人質事件で知られた高遠さんは実は気丈なボランティアで、現在もイラクの市民の支援活動をつづけていますが、かの女からイラクの実情を、マスメディアには出てこない映像を通して学ぶことができました。当日は240人の参加者が集まり、高校生が司会をし、大成功を収めました。その実践報告です。
 
| 教育実践・授業 | 18:55 | comments(0) | trackbacks(0) |
カレンダー
SMTWTFS
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
推薦図書
推薦図書
推薦図書
最新記事
分類
ここで過去の記事が見られます
最新のコメント
最新のトラックバック
リンク
プロフィール
このページの先頭へ