静岡高教組の教育研究ブログです
<< 静岡・高校理科サークル | main | 足立力也さんの講演会がひらかれます >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
小学校1年生での35人学級実現!
  • 全教からの連絡

小学校1年生での35人学級実現!
学級編制・教職員定数改善にかかわる
         大臣合意

「元気な日本復活特別枠」に盛り込まれた小学校1・2年生の35人学級の政府予算化をめぐる動きは、12/17玄葉光一国家戦略担当大臣など関係大臣と文部科学大臣による「大臣折衝」が行われ、「平成23年度義務教育費国庫負担金について」という「大臣合意」が取りまとめられました。

この「大臣合意」によって、文部科学省が策定した「新・教職員定数改善計画(案)」は、初年度想定の小学校1・2年生での35人学級には至らなかったものの、30年ぶりとなる学級編制基準の切り下げで、「小学校1年生の35人学級」を実現することとなります。

一時期は、「見送り」と報じられた内容を押し戻し、小学校1年生限定とはいえ、35人学級への第一歩を踏み出したことになります。

みなさんにお願いした全国900万筆余「教育全国署名」が大いに力となったと思います。

【「大臣合意」の内容】

(1)小学校1年生で35人以下学級を実現する。 必要定数4千人

(2)4千人の必要定数は、現行の加配定数の流用1千7百人+2千3百人の増員で対応する。なお、増員分2千3百人は、児童・生徒数の減少に伴う減員分が2千人あり、差し引き3百人の純増となる。

(3)小学校1年生の35人学級への移行については、義務標準法の改正によって措置する。

(4)次年度以降は、引き続き協議する。


 静岡県教委の「静岡式35人学級」の計画では、来年度小学校5年生への拡大(注;今年度までに、中1→中2→中3・小6と拡大)が予定されていました。上記の加配定数の活用(流用)がされると、果たして、それがどうなるかが問われます。

 静岡県教委の「勇断」を求めていきましょう。

| 教育条件の整備・父母との連携 | 22:30 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 22:30 | - | - |









http://kyoubun.jugem.jp/trackback/547
カレンダー
SMTWTFS
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
推薦図書
推薦図書
推薦図書
最新記事
分類
ここで過去の記事が見られます
最新のコメント
最新のトラックバック
リンク
プロフィール
このページの先頭へ