静岡高教組の教育研究ブログです
<< 静岡・高校理科サークル通信 | main | 佐治麻希さん、紙芝居「さだ子と千羽鶴」で平和活動ーーTV放映深夜に >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
全国青年大集会 5.19中央行動
 

<全国青年大集会2010>

5月16日、「全国青年大集会2010」が東京・明治公園で開かれ、全国から5200人の若者が参加しました。さまざまな要求や願いを横断幕やプラカードに込めて舞台に上がり、それぞれのたたかいを交流しました。集会では、「若者同士のつながりをつくり、みんなの力で職場も社会もかえていきましょう」とよびかけるアピールを採択しました。

 静岡県からは、県評青年部が組織したバスに乗って40名以上が参加、高教組からも2名が参加しました。

 

<5・19中央行動>

すべての労働者の賃金底上げ、最低賃金1,000円の実現などをめざして、全労連・国民春闘共闘が「5・19中央行動」を展開しました。

 朝からのターミナル・官庁街での「最低賃金改善を求める早朝宣伝行動」、午後からの厚生労働省前要求行動、中央総決起集会、国会請願デモ、「労働基本権回復・民主的公務員制度の実現を求める決起集会」などに、公務・民間あわせて全国から1500人が参加しました。

日比谷野外音楽堂で開催された中央総決起集会では、静岡県評・林議長が発言、「静岡では最低生計費運動を実施している。最低賃金は非正規だけの問題ではない。静岡県公務共闘では人事院中部地方事務局にこの結果をもって賃金底上げの必要性を訴えていくつもりだ。高いのは富士山だけではなく生計費も高いということを6月の集約結果で示す」との決意を語りました。


 集会終了後は、小雨が降り始めるなかを国会請願デモに出発しました。午後3時すぎからは、全労連公務員制度改革闘争本部主催の「労働基本権回復・民主的公務員制度の実現を求める決起集会」が社会文化会館ホールで開かれ、400人が参加しました。この中央行動には高教組から2名が参加しました。

| 労働運動・市民運動 | 14:21 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 14:21 | - | - |









http://kyoubun.jugem.jp/trackback/507
カレンダー
SMTWTFS
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
推薦図書
推薦図書
推薦図書
最新記事
分類
ここで過去の記事が見られます
最新のコメント
最新のトラックバック
リンク
プロフィール
このページの先頭へ