静岡高教組の教育研究ブログです
<< 今こそ憲法を生かそうーー憲法記念日集会へ | main | 自衛隊ではなく、9条を世界へ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
教員免許更新にかんする基本的な事項と情報の入手先など
 高教組は免許更新制度廃止のために活動していますが、とりいそぎ「更新難民」を出さない方向で各方面に働きかけています。

 見切り発車ではじまった免許更新制度。全国の大学等の講座情報も煩雑なうえに、自己負担、自己責任とぜんぶ本人に丸投げされています。しかも情報は日々更新されています。受講受付はすでにとっくにはじまっているところや、まだのところなど、混乱状態にあります。開かれる講座の人数に制限があるため、先着順、抽選などによる選抜もあるようです。

 職場によっては管理職が対象者を集めてガイダンスをしているところもありますが、ほとんど管理職が動いていない(管理職もよく分かっていない?)ところもあるようです。

 更新には「締切」があります。その期間に更新できなければ失効・免職となってしまいますので、情報の入手はできるだけすみやかに行う必要があります。

■ 情報の入手先──インターネットによるHP検索など
       ──検索エンジン「Google、Yahoo」などを使って
◯「静岡県教育委員会」(県下の大学の講義一覧と文科省の資料)
◯「文部科学省」(基本的資料、全国各大学の講義一覧あり)
◯ 全国の大学などのHP
 * 職場に解説用の冊子があるはず。管理職が資料を持っている。

■ 講義形式
◯ (対面)講義
◯ 放送
◯ 通信教育
◯ インターネット
 * 放送・通信教育・インターネットの区分は文科省HPによる

■ おおまかな更新順序
1 全国の大学等で開かれている講義の受講手続きをする。
2 30時間以上(必修12時間以上、選択18時間以上)の講義を
                           受講する。
3 大学等の修了試験を受ける。
4 合格してその履修証明書を大学等からもらう。
5 その証明書を県教委に提出する。
 * 3から4の証明書発行までにかなりの日数がかかるとみておく。

■ 地元大学の対面講義とインターネットによる受講の比較
                      (一般的な話として)
 地元大学の対面講義    インターネット
  日時・会場が固定     日時・場所を問わない
  1度きりの学習      繰り返し学習できる(はず)
  修了試験会場が地元    修了試験会場が遠い(日時は固定)
  論文試験         マークシート(合否が明確)
  交通費がかかる      交通費は修了試験受験のときのみ
  ネット環境がなくてもいい ネット環境が必須(アクセス集中に
                    よるトラブルの可能性も)
  人数の規模が小さい    大人数でもある程度可能
  地元だから知人と出会う  知人と出会うことはない
  大学の様子がわかる    大学の様子はわからない

■ まず情報交換を
◯ インターネットで検索し調べてみる
◯ 管理職に情報(のありか)を訊く
◯ 更新対象者同士で情報交換をする
◯ 管理職に対象者をあつめてガイダンスさせる
◯ 高教組に情報を訊く

* すでにある職場では管理職が対象者を集めてガイダンスをし、6人の対象者が互いに情報交換をしています。そのうち受講手続きを完全に済ませた人が一人、部分的に済ませた人が一人、申請中が二人、まったく手つかずの人が二人でした(4/30現在)。

JUGEMテーマ:学問・学校


| 教員免許更新制 | 04:30 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 04:30 | - | - |









http://kyoubun.jugem.jp/trackback/405
カレンダー
SMTWTFS
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
推薦図書
推薦図書
推薦図書
最新記事
分類
ここで過去の記事が見られます
最新のコメント
最新のトラックバック
リンク
プロフィール
このページの先頭へ