静岡高教組の教育研究ブログです
<< 『県立学校 教職員の手引き』2008[七訂版] | main | 「天竜林業高校事件」を2度と繰り返さないために >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
「天竜林業高校事件」に戸惑いと疑問の声
 
天竜林業高校における大学推薦入試のための「調査書改ざん事件」は、虚偽有印公文書作成容疑だけでなく贈収賄容疑で北川好伸前校長と中谷良作元天竜市長が逮捕され、大きく報道されてきました。しかし北川前校長は容疑を否認していて、既に県教委から懲戒処分された4人の教諭及び元市長の供述との間には大きな食い違いがあり、真相は何なのかと、多くの教職員は戸惑いと疑問の声をあげています。

<教職員の声>

●起訴状の内容に間違いなければ、大分県の教員採用・管理職登用をめぐる汚職と並ぶ不祥事だ。
●前校長は改ざんを指示しておきながら、調査書作成に関わった教諭を見放し、自分は未だに改ざん指示を否認しているとは許せない。ましてや金をもらったなど、言語道断だ。
●悪いことではあるが校長の指示は断れない。生徒のためにやったことでもあるし・・・
●北川氏を知っているが、彼がそんなことをするとは信じられない。容疑を否認しているのは、本当にやっていないからではないか。
●県教委は自分たちの保身優先で、校長も教諭も見捨てた。そして形式的な管理強化に走っている。
●新たな調査書点検の強化策は、結局、不正とは無縁な教職員の首を絞めるだけだ。校長など「権力者」が改ざんしようと思えばできることだ。
●県教委や国が成績のつけ方にまで干渉し、規則と法律で統制を強めてくるのではないかと心配だ。教育にはゆるやかさも必要だ。
●北川氏が金銭を受けとっていないことを信じたい。彼は、はめられたのではないか。陰謀めいたものを感じる。

高教組は北川前校長の責任についてどう考えるか
 真相は未解明の部分もありますが、北川好伸前校長は責任逃れはできないと考えます。そもそも中谷良作元天竜市長の依頼は不当なものであり、毅然として断るべきものです。

「どうにかならないかと言っただけだ」と改ざん指示を否定していることについては、作成された調査書評定平均値が3.1から3.5に変わっていれば、どのようにして変えたのか調べ、不正な変更ならばNOと言うべきでした。結果として中谷元天竜市長の依頼どおりに志望大学の推薦入試の応募資格を満たし、合格・入学したわけですから「改ざんに関係していない」とは到底言えるものではありません。

現金20万円の受け渡しについては、信じがたいことであり、容疑が事実であるのかどうか一日も早く解明されることを望みます。事実であるならば、重大な犯罪です。真相を徹底解明し、2度とこのようなことが繰り返されないよう対策をとるべきです。

県教委の対応についてどう考えるか
 県教委は、外部からの不当な圧力や、自分たちをも含めたj上意下達の構造・体質については何も触れず、「綱紀の緩み」として論じ「使命感や倫理観の高揚」を説き、管理統制強化策ばかりを打ち出しています。教職員は首を絞められ、ますます萎縮してしまいます。

今必要なことは県教委が率先して、「不当な支配に屈しないこと、有無を言わせぬ上意下達の構造と体質を改めること」を宣言し実践することです。

教育基本法の改悪・学校教育法改定、学習指導要領改定、「教職員評価制度」「教員免許更新制度」など、国による教育統制が強められています。教育委員会は「国が決めたことだから仕方がない」と上意下達の行政を行っていれば、教育そのものの破壊を招くことになります。今回の事件を単なる「特殊な事例」と終わらせることなく、大局的な対応を要求します。

残念ながら天竜林業高校には高教組の組合員がいないため、内部のことを直接聞くことはできませんでした。また、関係者と接触を持つこともできませんでした。

<お知らせ>
「天竜林業高校事件」について静岡第一テレビが番組「改ざん」を放映
10月7日 深夜0:29〜 30分間 (正確には10月8日)
高教組も取材に応じました
| 学校制度 | 00:55 | comments(3) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 00:55 | - | - |
彼はホントに良い人!
スケープゴート!という言葉がこんなにぴったり当てはまるのか・・
まさに生贄、人柱、
| さおう | 2009/05/26 10:58 PM |
 自ら働きかけて、懲戒処分を受ける結果となった部下(担任ら)に対し「勝手にやった。」と主張する校長が良い人ですか?
 まあ、校長の人事権の恩恵を受けた人もいるのでしょう。
上司として同僚として、個人的に親交や恩義を受けた人もいるのでしょうね。
 法律を守らないのも管理職の仕事だとうそぶいていた別の校長を思い出す。
 続報を掲載するべきだし、管理職登用試験の不透明さを追及すべき。調査書関連業務の手間(現場の負担)だけ増えた。
 執行部は同様の件を相談しろと気安く言うが、分会は機能していないところがほとんどな上、執行部も具体的な手立ては何もないから相談してもしかたがないのが実感。
| もう過去の話? | 2009/08/09 11:42 PM |
 北川さんは冤罪犠牲者です。どうか、事実経過と裁判記録をお調べいただき、北川さんの冤罪被害の救援にご助力をお願いします。
ご多忙とは思いますが、お時間をいただきご説明をさせていただきたいと思います。浜松在住の北川さんの支援者です。どうぞよろしくお願いします。
| 寺澤 暢紘 | 2019/11/05 6:57 PM |









トラックバック機能は終了しました。
カレンダー
SMTWTFS
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< March 2020 >>
推薦図書
推薦図書
推薦図書
最新記事
分類
ここで過去の記事が見られます
最新のコメント
最新のトラックバック
リンク
プロフィール
このページの先頭へ