静岡高教組の教育研究ブログです
<< 教職員の残業ーー深刻なる現状 | main | 3・1ビキニデー集会 in 焼津 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
アドバイザリーティーチャーって何?
 
 またも上からの「事業」、予算の消化か。現場で総スカンをくらったコーチングスタッフの二の舞になるだけだろう。

 現場からの発想・必要ではなく、現場との対話もなく、まず「予算確保ありき」による「上からの空回り」事業が、またも上意下達式に行われようとしている。

 「魅力ある授業」づくり支援事業費に8400万円。高校では何がなされるのかというと、アドバイザリーティーチャーによる指導だという。アドバイザリーティーチャーとは指導力に優れた現場教員で、東中西部各地区へ教科ごとに30人を配置するというが、だれがどんなふうに「指導力に優れた現場教員」を「認定」するのだろうか。

 アドバイザリーティーチャーは経験15年から20年のキャリア教師がじぶんの現場の授業時間数を減らして、地区をまわり、2年から5年めの若い先生方の授業を見、アドバイスし、みずから模範的な授業を見せて指導するという仕事をするらしい。

 たしかにそのような優れた先輩教師が現場には必要かもしれない。しかし、同じ現場で同じ生徒たちと「格闘する」先輩・後輩の教師の交流が、若い先生方の教育実践の宝になるはずであり、同僚同士で切磋琢磨するのが本来の「魅力ある授業」づくりに貢献するのではないか。

 また、指導力にすぐれた教員による「魅力ある授業」を見て学ぶ機会は、たしかに若い教員には貴重だ。ただし、その模範授業がそのままじぶんの学校現場に生かされて、同じような実践ができるかどうかは、はなはだ怪しい。一つのすぐれた授業実践の裏には、長い時間をかけた、さまざまな現場での「格闘」をとおした経験豊かな個々の教育実践があるからだ。

 「魅力ある授業」への普遍的な方法論があるならば、簡単にマニュアル化できるだろう。しかし、日々に変化する生きた授業の中では、なかなかマニュアル化できない。

 もし、ほんとうに「魅力ある授業」づくりを支援しようというのならば、管理職から(無理矢理指名されて)選ばれる教員ではなく、現場の中からほんとうにすぐれた教員を選出すべきである。そうして、そのベテラン教師を囲んで「自主・民主・公開」を基調とした若い教師たちの勉強会をひらくべきだろう。

 同じ現場で同じ生徒たちを対象にした授業や教育実践は、つねに教師同士の学び合いを前提とし、互いにライバル視しつつも、互いに手をたずさえて切磋琢磨してゆくべきものだ。大切なことは、現場のこのような同僚性のなかでの「生きた教育実践」である。しかし実際の教育現場では、ますますこの同僚性が薄まり、個々の教師がバラバラにされ、会話も討論も交流もなく、敵愾心ばかりでただ結果を出すための競争をさせられるだけでは、学校全体の教育力が低下するだけだ。

 今度のアドバイザリーティーチャー制度の最大の問題は、この同僚性をますます崩してしまうのではないかということだ。現場での授業数を削って外へでかけるよりも、まず足元の現場ですぐれた実践を若い教師たちと交流すべきではないか。



JUGEMテーマ:学問・学校


| コーチング・スタッフ | 18:16 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 18:16 | - | - |









http://kyoubun.jugem.jp/trackback/277
カレンダー
SMTWTFS
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
推薦図書
推薦図書
推薦図書
最新記事
分類
ここで過去の記事が見られます
最新のコメント
最新のトラックバック
リンク
プロフィール
このページの先頭へ