静岡高教組の教育研究ブログです
<< 映画『ヤカオランの春』案内 | main | 安倍無責任政権の遺物ーー教員免許更新制 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
安倍無責任首相の遺物は今・・・
安倍無責任政権の「遺物」具体化を許すな!!

 政権を途中で放り出した安倍首相は病院に逃げ込んだ。彼は国会議員も辞職すべきだ。彼に支払われる金を教育に回すことが最大の「教育改革」だ。マスコミは安倍大先生の「教育改革」の行方については一切触れていない。

 しかし、安倍無責任政権の「遺物」である「教育関連法」が牙をむいて教職員と子どもたちに襲いかかろうとしている。中教審や文科省の検討委員会で具体案が作られているところだ。具体化される前に何としても、無責任首相と同じように即刻「退場」してもらわねばならない。

 そもそも、「教育3法」は憲法に抵触する教育統制強化法である。「教育再生会議」の突出と異常な拙速審議で強行成立させられた、問題先送りの「未完成・欠陥」立法」だ。付帯決議は衆院11項目、参院22項目にもなる。

 したがって、運用・具体化の段階で是正・改善を図ることができるし、そうしなければならない。県教委に対して、子どもと現場教職員の立場に立った教育行政を求める教育条理に基づく運動にかかっている。これはまさに憲法を生かし守る運動である。我々の力を見せてやろうではないか。

<教育関連法具体化をめぐる状況>
ヽ惺散軌號 次次嵜靴燭平Α廚砲弔い

08年4月1日から「置くことができる」というもので「ねばならぬ」ものではない。(絶対に設置させないゾ!!)
 <文科省通知より>(07年7月31日付)
 ・「副校長」=校務の一部を自らの権限で処理することができる。授業はやれる。
  (教頭は校長・副校長を補佐する立場)
 ・「主幹教諭」=一定の責任を持って取りまとめ、整理し、他の教諭等に対して指示することができる。(主任は連絡調整及び指導、助言に当たる)
 ・「指導教諭」=授業を持ち、他の教員に対して教育指導に関する指導、助言を行う。
 *条例に基づきその職務と責任の特殊性にふさわしい給料表が適用されるべきもの  
  (「メリハリのある給与体系]にする)
 *小中学校教員増は「主幹教諭」が中心

ものの見事に、教員を上から下までランク付けして、給料にも差をつけ、トップダウンの命令が行き渡るようにするものだ。こんな学校になったらどういうことが起こるだう??
よい教育がおこなわれると思いますか??

(次回は「教員免許更新制」についてお知らせします)
| 学校制度 | 23:47 | comments(0) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
| - | 23:47 | - | - |









http://kyoubun.jugem.jp/trackback/243
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2007/10/14 10:20 AM |
カレンダー
SMTWTFS
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
推薦図書
推薦図書
推薦図書
最新記事
分類
ここで過去の記事が見られます
最新のコメント
最新のトラックバック
リンク
プロフィール
このページの先頭へ