静岡高教組の教育研究ブログです
<< 臨時教職員学習会のお知らせ | main | 「教職員評価制度」の学校・教職員・こども・父母への影響 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
改憲手続き法を廃案に
憲法改悪反対共同センターニュースより
◆ 3月22日、中央公聴会を強行、
自民・公明推薦の公述人からも「国民は知らない」「拙速はダメ」
 


◎浅野正雄(自民すいせん・中央選挙管理会委員長)

国会審議は結構やった感じだが、果たして一般国民に知られていないのではないか、新聞の無料広告はあってもよい、手続き法は憲法の付属法であり、発議までの間にできていればよい法律、国民主権・民意が生かされる必要がある、審査会の審査には相当な年月が必要、テレビCMは有料だと問題もあるが、発議後の全面禁止は行き過ぎ。
 
◎小澤隆一(共産すいせん・東京慈恵会医科大学教授)
最低投票率の定めがなく、発議から投票までの期間が短すぎる、最低投票率に満たなければ国民投票を不成立とすべき、国民投票運動の規制は投票管理員に限定すべきで公務員・教員も自由にすべき、罰則がなくても行政処分できるため現場が大混乱する、広報協議会の構成は公正にすべき、そうでなければ第三者機関を考えるべき、審査会の審査は憲法に密接に関連する法となっており、運用実態、改憲による解釈変更などより慎重にすべき、は次から投票までの期間最低でも180日とすべき。

◎江橋崇(公明すいせん・法政大学法学部教授)
審議は急ぐべきだが、拙速になってはいかがか、国民投票の対象は広げるべき、承認の判定上白票は無効にすべき、解釈改憲が進みすぎた、否決された場合を想定し、事前に国民の石を掴むための予備投票制度を設けるべき、憲法審査会は衆参一体化が必要で3年間は待つべき、公務員等の規制は表現・政治活動の自由が原則、その上でどういう規制ができるかだ、発議から投票まで長いのもどうかと思う。

3・28地方公聴会(新潟・大阪)、
4・5中央公聴会
12日にも委員会採決、
13日本会議可決を狙らって強行突破しようとしています。
 
■国会での審議時間もまだ実質40時間で程度でしかなく、まして多くの国民に改憲手続き法案の狙いや問題点が知られていません。世論調査でも今国会で急いで成立させる必要がないとの意見が多数です。

■共同センターとしては、少なくとも「全県で地方公聴会を開催せよ」の世論と運動を強める必要があります。

■今こそ、「徹底審議をおこなえ」「国民の声を十分聞け」「不公正・不平等な法案は廃案に」「我が県でも公聴会を開け」などの声を、FAX・メールで特別委員に集中しましょう。共同センターホームページにFAX・メール送信先があります。
◎憲法改悪反対共同センター http://www.kyodo-center.jp/

■マスコミへの要請を
 マスコミが、国の基本である国民主権の点から改憲手続き法案が持つ重大な問題点をほとんど報道しない状況に対して、「声の欄」などへの投稿や共同センターホームページのメール送信フォームも活用し、公正・公平報道の要請を広げましょう。

■ 共同センターHPが世論を動かす! 転載・転送は自由です。 
 当共同センターホームページ(トップページの右上)に開設した「一斉メールフォーム」から特別委員や政党、マスコミに送られたメールの発信数は、本日現在21,500件です。同フォームにはFAX番号もあります。同フォームの転載・転送が自由です。
その際のウエブサイトは http://www.kyodo-center.jp/index.htm  

| 時事・教育基本法・憲法 | 23:49 | comments(0) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
| - | 23:49 | - | - |









http://kyoubun.jugem.jp/trackback/179
公聴会に応募しよう!
国民投票法案(改憲手続き法案)に関する公聴会が4月5日に東京で開かれます。東京在住者以外の人も応募できます。国民主権の行使として、気軽に応募してみませんか?締め切りは今月30日です。 公聴会案内 http://www.shugiin.go.jp/itdb_kenpou.nsf/html/kenpou/op
| 平和への結集第2ブログ | 2007/03/26 2:58 PM |
カレンダー
SMTWTFS
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
推薦図書
推薦図書
推薦図書
最新記事
分類
ここで過去の記事が見られます
最新のコメント
最新のトラックバック
リンク
プロフィール
このページの先頭へ