静岡高教組の教育研究ブログです
ページ: 1/12   >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
校庭の規制20ミリシーベルト?

 8日のニュースによると、中国ほぼ全土で放射性物質が検出され、各種の野菜からも検出されたといいます。ネット記事では「いずれも極めて微量で、人体に影響はないとしている」としめくくっていますが。

 中国でそうなら、日本など全土ですでに野菜などもみんな汚染されているかもしれません。もちろん「いずれも極めて微量で・・・」ということになるでしょうけれど。

 すでに北半球全体に福島の放射性物質が行き渡っているというニュースもありました。もちろん「量は極めてわずかで、人体への影響はないという」としめくくっていますが。

 とはいえ、とうぜんこの「極めて微量」は単体の話で、現実のわたしたちの生活では放射線量は足し算になります。たとえばホウレンソウばかり1年間食べつづける人はいないでしょう。水も飲むし、ご飯を食べるし、肉や魚を食べ、さまざまな野菜・きのこ類を食べます。しかも空気を吸って生きています。土に触れ、土埃も吸っています。

 このように野菜一つ一つを含めた肉や米や魚などのすべての食料、水道水、空気中の放射性物質を体内に摂取して起きる内部被曝と、外から受ける外部被曝をすべて足したものが、どのくらいになるのかが問題です。一つ一つは「極めて微量」であっても、これらを全部足せばどのくらいになるのか。

 しかも自然環境(自然放射線など)のなかにはもともと放射線があります。これも足さなければならない。航空機などを使って海外へ行く場合に浴びる放射線も人によっては足さなければならない。

 しかも放射性物質は一つだけではありません(ヨウ素、セシウム、ストロンチウムあるいはプルトニウム)。いくつもの種類があります。これも足さなければならない。

 では、自然環境や航空機以外で、つまり福島原発事故などによって被曝してしまう放射線の限度はどのくらいまでが安全なのでしょうか。その限度は?

 文科省のページの「日常生活と放射線」というPDFをみると、1ミリシーベルト/年が「一般公衆の線量限度(医療は除く)」と記されています。さらに2、4ミリシーベルト/年が「1人当たりの自然放射線」だと記されています。

 つまり、何かの都合で放射線を浴びる場合は、自然放射線もあるので、ふつうの人は1ミリシーベルトが限度だということになります(この場合の「一般公衆」というはたぶん健康な成人男子を意味するのでしょう)。

 中部大学の武田邦彦氏によると「この数字を少し超す場所(5ミリ)は「管理区域」という名前で普通のところ特別されて標識が立ち、そこに人が入ってはいけないというわけではないのですが、被曝する放射線量を測り、健康診断をするという必要が生じてきます」といいます。

 さらに限度のレベルとして「次に1年に20ミリシーベルトというレベルがあります。・・・これは仕事で放射線に携わる男性の1年間の限界です」。放射線の仕事に関わる人というのは、基本的に成人男子で健康な人で、きちんと被曝が測られている人で、しかも「危険」を承知で自分の意志でそれを選び取っている人です。

 また、政府系の機関「高度情報科学技術研究機構」のホームページには、「線量目標値」(原子力安全指針)は1ミリシーベルトの1/20の「50マイクロシーベルト/年」を原発の「周辺公衆」の安全のための「目標値」として記しています。しかもその目標値の50マイクロシーベルトは「気体廃棄物中の希ガスによる外部被ばく、ヨウ素の摂取による内部被ばく、液体廃棄物に起因する海産物摂取による内部被ばくの合計で評価する」と記しています。外部被曝と内部被曝の合計で50マイクロシーベルトが目標だと政府系の機関が記しているのです。

 さて、10日のネット記事を見ると、文科省が学校の「校庭活動」に放射線の基準を設けようとしています。記事には「同省などによると、基準は、児童生徒の年間被曝(ひばく)許容量を20ミリ・シーベルト(2万マイクロ・シーベルト)」とあります。これを基準として、この限度内なら校庭で遊んでも体育をしても大丈夫ということでしょうか。

 文科省はこの20ミリシーベルトという基準を(健康な成人男子でもなく、放射線の仕事にたずさわる人でもなく、自らの意志でその運命を選び取っているわけでもない)子どもたちに導入しようとしています。この20ミリシーベルトは国際機関や日本の法律などが定めているらしい1ミリシーベルトの、文科省自身が「一般公衆の線量限度」としてきた1ミリシーベルトの20倍です。政府系機関が記している原発の目標値の「400倍」です。

JUGEMテーマ:ニュース
| 時事・教育基本法・憲法 | 17:09 | comments(1) | trackbacks(0) |
「子どもの本・九条の会」二周年の集いのご案内
子どもの本・九条の会の二周年の集いがあります。
ぜひご参加ください。
お近くの方にもご紹介ください。 

◯ 日 時    5月1日(土) 14時〜16時30分 

◯ 会 場    国立オリンピック記念青少年センター 
                       大ホール 

◯ 参加費    おとな前売り1000円 当日1200円
         子ども(中学生以下) 
                 前売り当日とも500円 

◯ 第1部    ひのき屋ライブ
              〜一本の木からはじまる物語〜 

◯ 第2部    アーサー・ビナード講演 

◯ ロビー開催  戦争と平和をめぐる子どもの本展
         「9ゾウくんげんきかるた」
                   (ポプラ社)原画展 

◯ 主 催   子どもの本・九条の会(代表団 小宮山量平
        太田大八  神沢利子  松谷みよ子  松居直
        古田足日 鳥越信  猪熊葉子  小澤俊夫
        広瀬恒子  田畑精一  丘修三)

JUGEMテーマ:ニュース
| 時事・教育基本法・憲法 | 08:50 | comments(0) | trackbacks(0) |
総選挙結果についてーー日高教書記長談話
 

第45回総選挙結果について、書記長談話を発表しました

 8月30日に投開票された第45回総選挙結果について、日高教は藤田新一書記長の談話を発表しました。自公政権を崩壊させる歴史的出来事となった今回の総選挙、国民の切実な要求と憲法をいかす政治の実現に向けて全力で奮闘します。

<談話から>
「国民の怒りによる自公政権の崩壊は、国民要求を実現する上でも、日本の政治を前向きに進める上でも、歴史的な出来事です。・・・民主党の掲げる政策には、国民要求と乖離する「憲法改悪」「消費税増税」などの矛盾を抱えています。・・・

 労働組合をはじめとする国民運動の役割が一層重要になっています。国民の利益にそった施策を実現させるとともに、国民の利益に反する施策を阻止するためにも、各界・各分野の運動を強化することが求められています。・・・

 教育予算を大幅に増額し教育費の無償化に向けて根本的転換をはかること、高校・障害児学校の教職員定数の根本的改善など、切実な要求にむけて奮闘します。・・・」

| 時事・教育基本法・憲法 | 22:14 | comments(0) | trackbacks(0) |
静岡空港の開港に思うこと(投稿)ーー 5
静岡空港を貨物空港にして
        赤字を解決できるだろうか??

投稿: 町乃たぬき

静岡知事選の候補者の中に、静岡空港の赤字を解決する方法として、貨物空港への転身を主張している人がいる。また、6月8日の朝日新聞の投書欄「声」に、静岡空港の滑走路を3000mにし、さらに風向きが変化したときに使う第2滑走路を設置し、24時間の貨物専用空港にするしか活路はないという主旨の投書が載った。これら考え方は熟慮の結果なのだろうか。
私には新たな公共事業のための、土建屋の主張としか読めないし、この計画のためにさらに多くのトラブルが起こり、地元の住民の生活をまたもや混乱に陥れるだけだと思う。

今の旅客の少なさは、羽田・成田や中部国際を使った方が便利で安いからだ。貨物でも同じことで、安くて便利な空港を企業は使うであろう。もし、静岡空港を多くの企業が使うことを狙うなら、首都圏や中京地域の企業が上記の国際空港を使わない状況を作り出すしかない。しかし、それは無理な話だと思う。

現在、羽田は国内線、成田は国際線として国が管理している。だからこそ成田は保っているのであって、羽田が滑走路を増やして、全ての国際便を飛ばすようになれば成田だって旅客数は激減するのではないかという声さえある。成田であってもそのような保護策があって初めて運営が可能なのだ。

静岡空港を貨物空港化しても、羽田・成田と中部国際の貨物輸送に制限を加えなければおそらくほとんど利用されない。だが、わざわざ東京や名古屋から静岡空港に向かってトラックを走らせることに反発する企業の方が多いに違いない。また、小泉・竹中構造改革の新自由主義とは対極にある過剰な保護策は、政治の一貫性のなさを国民の心に刻みつけることになるであろう。

 
| 時事・教育基本法・憲法 | 00:39 | comments(0) | trackbacks(0) |
静岡空港の開港に思うこと(投稿)ーー4

修学旅行での静岡空港利用で
              混乱させられる学校

投稿:町乃たぬき

 前回、静岡県の公立高校の何校かが、修学旅行で静岡空港を半ば強制的に使うことになったということを書いた。 その使い方は非常に異様なものだ。

 いくつかの高校は、学年の生徒数が200人以上あり、静岡空港に就航する飛行機の定員が150人以下だから、全員が搭乗出来ない。そのため半数が静岡空港を利用し、あと半数は羽田空港から出発する。二つの集団は目的地で合流する。このやり方をあえて選んだ理由は、空港までの交通費が半分安くなるからというものだ。理由は後でくっつけたもので、最初に静岡空港利用ありきであることは、誰の目にも明らかだ。

 先にも書いたように各校の校長は苦渋の選択を迫られたと思う。評価制度もあり、校外でのごたごたを避けたいという校長の思惑もわかる。しかし、無理な静岡空港利用要請は、校長達から断固断って欲しいという思いは多くの教員が共有してるように私には見える。

 さて、そんな矢先、静岡空港利用の旅程を提案してきた旅行代理店が、来年度の静岡空港利用は取り止めると校長に言ってきたらしい。静岡空港利用の旅程が提案されたときに、何人かの教員が「本当に大丈夫なのか」と念をおしたにもかかわらず、あれだけ強引に提案してきた代理店が取り止めると言ってきたというのだ。

 今年度、新1年部が始まったとき、「この学年も2つに分かれて修学旅行に行かなければならないのか?」という、学年部の教員達の疑問に対し、「昨年度決定したことは変えられない」というのが、校内の行事検討委員会の回答だった。それが、代理店が出来ないといっただけで、簡単に旅程を変えてしまう成り行きに、脱力感を感じる。

 県空港部の考えはまだわからないが、それでなくても忙しい教育現場をこれ以上、空港のことで混乱させないで欲しいと強く思う。

| 時事・教育基本法・憲法 | 22:29 | comments(0) | trackbacks(0) |
「海賊対処」派兵法の衆議院再議決に抗議
 『憲法9条違反の「海賊対処」派兵法の衆議院再議決に抗議し、自衛隊の海外派兵と武力行使に断固反対する』

かつてない露骨な解釈改憲

(全教 書記長 談話より)

 6月19日、政府・与党は、憲法9条違反の「海賊対処」派兵法案を、参議院での否決にもかかわらず、衆議院で3分の2の多数議席の力をもって再議決を強行した。慎重審議と廃案を求める世論に背を向け、議決を強行したことに、厳しく抗議する。

また、海賊対処の海外派兵を政府に提案し、「自衛官が現場で安心して武力を行使できるようにしてほしい」(4/23衆院特別委員会)とまで述べて成立に手を貸してきた民主党の責任についても、厳しく糾弾する。
 
 この法案は、ソマリア沖の海賊対処を理由に自衛艦を海外に派遣し、武力行使を可能とするもので、「武力による威嚇又は武力の行使は…永久にこれを放棄する」と定めた憲法9条に真っ向から挑戦し、自衛隊の海外派兵恒久化につながる重大な憲法違反の悪法である。

法案の問題点と危険性は、国会審議を通じて、

。横哀国の軍艦が展開しているもとでも海賊行為が昨年の2・5倍に増加しており、自衛艦の派遣が海賊対策に役立たないどころか武力紛争の悪循環をつくりだしていること

◆崟楸瓠廖屬弔まとい」を続ける不審船に対して船体射撃を可能にするなど、武器使用によって自衛隊が初めて他国民を殺傷することになりかねないこと

F本の「権益」を守ることを理由に、防衛大臣が内閣総理大臣の承認さえ受ければ自衛艦を海外に派遣できること

て本の「権益」にかかわる航路で船舶に危害を加える「海賊」行為が起きれば、ソマリア沖に限らず世界のどの海にも自衛艦を派遣でき、期限の定めもない法であることなどが明らかになった。

これだけの軍事行動を、「船舶の安全と海上の治安維持」という海上保安庁が本来行う犯罪対処を自衛隊が代わって行うのだと言いはり、軍事目的をごまかして押し切っている。

これほど危険で露骨な解釈改憲は、かつてなかったことである。
これは、来年5月の国民投票法施行に向けた憲法審査会規定の強行など、憲法の明文改悪と一体の改憲策動であり、絶対に許すことはできない。
 
 法案の審議に先行して、自衛隊の軍事行動が次々とすすめられ、既成事実が重ねられたことは、国会審議のあり方として異常であった。

政府・防衛省は、法案を国会に提出した同じ日に自衛艦2隻をソマリア沖へ出航させ、国会審議が始まる前から海賊船の警備行動を開始し、審議中に自衛艦を支援するためとしてP3C対潜哨戒機2機を派兵した。さらに、ソマリアの隣国のジブチにP3C対潜哨戒機を駐機させ、これを支援するためとして陸上自衛隊の「殴りこみ」部隊である中央即応連隊を駐留させるなど、戦後初めて自衛隊の海外基地を置いたことは重大である。

この基地とP3C対潜哨戒機が、海賊対処を口実に、中東海域の情報を収集し米軍に提供するなど、米軍との共同作戦に組み込まれる危険がある。この暴挙の根本に、米軍の中東での軍事侵略に追随し加担する日本の外交防衛政策の誤りがある。

日米安保条約に基づく軍事同盟から抜け出し、憲法前文と9条を生かした自主的な平和外交をとり戻すたたかいは、ますます重要である。
| 時事・教育基本法・憲法 | 23:32 | comments(0) | trackbacks(0) |
静岡空港の開港にあたってーーその3 (投稿)
静岡空港の学校教育への影響は?? 

投稿: 町乃たぬき


 去年の夏、県航空部が県下の高校に静岡空港を使った修学旅行を売り込んでいることが報道された。内容は、航空部が売り込みに汗をかいているという報道で、学校に圧力がかかっているというニュアンスはなかった。しかし、強制的な部分があったというのが、現場の実感だ。

 前年度に決まっていたことを、翌年度途中に突然変えることなど、県教委経由の命令以外はしないからだ。県教委が関与していたかどうかは不明だが、県航空部や政治家などの地域の有力者の圧力があったというのが現実だろう。 赤字になることが確実な静岡空港の赤字を、出来るだけ少なくしようという姑息な魂胆にあきれるばかりだ。

 ところで、県立高校ではここ2年連続、一校あたり200万円をこえる予算削減が行われた。年ごとに教育環境が劣化している。事務職員・技能員・教員の努力でどうにか食いつないでいるといっても言いすぎではない。

 先日、あるところで80歳の女性の方が戦時中は「印刷されたものでも、裏に印刷がなければ、それも使った」とお話ししてくださったが、今や公立高校ではそれが常識になりつつある。

 その一方で修学旅行は贅沢のまま。なぜ、このような貧困が日常化した時代に、飛行機を使って修学旅行をしなければならないのか。静岡空港の計画が出るまでは、静岡県の公立高校の修学旅行旅費の上限は決まっていた。確か7万円以内だったような記憶がある。それがいつの間にか規定が消え、中にはヨーロッパまで行く学校が出て来てしまったのだ。

 生徒の中には、高額の旅行代金が払えなくて、修学旅行に行くことができない生徒も出てきている。こんなことがあって良いはずがない。

 このように、静岡空港は何重にもわたって、県民を苦しめている。政治家まかせのこれまでの県民の政治意識を反省する契機として静岡空港を考えていくことが大切だ。
| 時事・教育基本法・憲法 | 21:47 | comments(0) | trackbacks(0) |
静岡空港の開港にあたってーーその2(投稿)
静岡空港の開港に思うこと 2 
ーー搭乗率が低いのはなぜ??−−

投稿:  ハンドル・ネーム 町乃たぬき

 開港直後のご祝儀で少々旅費が高くても、利用客は多いはずなのに、搭乗率が76%なのはなぜか?そのことはメディアにはあまり出てこない。なぜ、そのことを報道しないのか不思議だ。

 私は、料金の高さにあると思っている。開港直前の牧之原市の新聞折込には、地域の旅行社のツアー広告がいくつかあった。

 例えば、静岡発の北海道3泊4日のツアー料金は119,990円から169,990円。羽田発のツアーは39,800円から99,800円である。

 期日が比較できる静岡発の最も安いツアー料金は6月21日の129,990円。それに対し羽田発の同じようなツアーが39,800円である。まったく同一の内容ではないかもしれないが、少々サービスが劣っても、また空港までの移動に時間がかかろうとも、私がツアーで北海道に行こうとするなら、羽田を選ぶと思う。

 もう1つあげれば7月に就航が始まるFDA(フジ・ドリーム・エアラインズ)の運賃もかなり高い。大手が定期便を出す都市には路線を持てず地方都市を結ぶ便のみ。内訳は小松、熊本、鹿児島の3路線である。これらの定期便の料金も非常に高い。

 例えば、小松行きは23,800円で、JRの11,440円とはあまりに懸け離れている。会社側が前面に出すセールスポイントは、55分という速さだが、搭乗手続きの手間や空港と街への移動を考えると2時間はかかる。JRは3時間40分かかるが、金沢への観光目的で利用するなら、安さを考えて、私ならやはりJRにするが、皆さんはどうだろう。
| 時事・教育基本法・憲法 | 23:40 | comments(0) | trackbacks(0) |
「新採用教員の免職を取り消せ」との大阪高裁判決

 
全教談話

『文科省は摘発・排除の人事政策をあらため、新採教員の成長を支えよ!――高橋分限免職処分取消の大阪高裁判決にあたって――』

2009年 6月 4日 全日本教職員組合 書記長 北村 佳久

 大阪高等裁判所第10民事部(赤西芳文裁判長)は、6月4日、京都市が2005年3月31日付で強行した高橋智和さんへの分限免職処分を取消す判決を言い渡しました。これは、京都地裁判決につづくものであり、この間の京都市教組と「高橋さんの不当処分撤回闘争を支援する会」に結集されたみなさん、支援を続けてこられた全国の教職員のみなさんの奮闘に心から敬意を表するとともに、京都市が判決に従い、上告せずに1日も早く高橋さんを職場復帰させることを強く求めるものです。
 
 判決は、控訴人(京都市)の主張について、「いずれも、証拠上的確に認められない」「いずれも、主観的な評価をしているにすぎない」など、明確に退ける判断をしました。
 
 その上で、条件附採用期間中の教員を「教員として十分な経験を経た者ではなく、今後研さん等に努めて成長していく過程の者」とし、「当該期間中の職務成績が経験のある教員と比した場合、必ずしも十分でなかったとしても、直ちに、分限免職の対象となるとはいえず、教員として将来成長していくだけの資質・能力を有するか否かという観点から判断するべきである」と、新採教員の分限免職処分についての判断基準を示しました。
 
 また、分限免職処分にあたっては、「職場における適切な指導・支援態勢の存在と本人が改善に向けて努力する機会を付与されること、ある程度の整合的・統一的な評価基準の存在が」前提として必要で、「一定の時間の経緯の中で評価すべき」であり
、「主観的な評価の入る余地のある出来事を評価対象とすることはできるだけ避け」るべきであるとしましたが、これらは新採教員に対するパワハラ的な指導や評価を是正させるとりくみをすすめる大きな到達点となりました。
 
 しかも、高橋さんが児童や保護者から信頼を失った一因は、「管理職や学校の被控訴人に対する態度」にもあり、「管理職らの指導・支援態勢も必ずしも十分ではなかった」と断罪したことは、
学校における教育活動が同僚性と教職員間のチームワークによってこそ支えられることを、あらためて明らかにしたものです。
 
 文科省が、08年2月に、「全国的な教育水準が確保されなくてはならない」として、各任命権者の参考となるよう作成した「改正法の趣旨に則った人事管理システムを公正かつ適正に運用するためのガイドライン」では、新採者への「厳格適用」だけが強調され、
07年度には301名もの新採者が辞めさせられていきました。
 
 
全教は、本日の判決を高く評価するとともに、文科省が「教職における雇用の安定と身分保障は、教員の利益にとって不可欠であることはいうまでもなく、教育の利益のためにも不可欠なものであり」「専門職としての身分またはキャリアに影響する専断的行為から十分に保護されなければならない。」としている「教員の地位に関する勧告」を尊重する立場に立ち、摘発・排除の人事政策を改めることを要求するものです。
 
以上
 
| 時事・教育基本法・憲法 | 23:02 | comments(0) | trackbacks(0) |
自衛隊ではなく、9条を世界へ
ソマリア沖自衛隊派兵は「違憲」です

今年は憲法施行62周年となります。憲法のお陰で、私たちの権利も平和もずいぶん守られてきました。まさに ☆Thank you,憲法☆ です。

しかし、憲法無視や解釈改憲も目に余ります。「海賊対策」として海外にまで自衛隊を出し戦わせています。「自衛隊の海外派兵・武器使用」がいつでもどこでも行える法案が国会を通されようとしています。ソマリア沖自衛隊派兵は完全な「違憲」です。反対の声を大にしましょう。

武力で平和が創れるでしょうか?
イラク戦争開戦から6年、多数のイラク市民が殺され、先天性障害を持った子供たちが急増しています。イラク取材を行ったジャーナリスト、西谷文和さんの報告です。「バグダッド北部のある診療所を訪れ私は愕然としました。診察室にいた6歳の少年は、左右両手の薬指と小指が根本からくっついていました。また、待合室には口唇口蓋裂の子どもが13人もいました。劣化ウラン弾によるものだと思う。」

日本はこの戦争を支持し、自衛隊まで送って米軍に協力しました。その総括を何もしないままにまたソマリア沖に自衛隊を派兵しました。
「9条の会」は全国で7000以上つくられ、「憲法9条は世界の宝」「自衛隊ではなく、9条を世界に広めよう」の声が高まっています。

<憲法に学ぶつどい(ご案内)>
日時:5月4日 18:30〜20:30
場所:藤枝市生涯センター(藤枝市茶町)
講師:高田 健 さん(9条の会・全国事務局員)
「自衛隊ではなく、9条を世界へ」
*入場無料
連絡先「志太・憲法を大切にしよう会」
064−635−8296(塚本)


政府は「平成22年5月18日から『憲法改正国民投票法』が施行されます」と何億円もかけて宣伝・準備を行っています。下記の条項を思い起こさせましょう。
憲法第99条(憲法尊重擁護の義務)天皇または摂政及び国務大臣、国会議員、裁判官その他の公務員は、この憲法を尊重し擁護する義務を負う。
JUGEMテーマ:地域/ローカル


| 時事・教育基本法・憲法 | 11:45 | comments(0) | trackbacks(0) |
カレンダー
SMTWTFS
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
推薦図書
推薦図書
推薦図書
最新記事
分類
ここで過去の記事が見られます
最新のコメント
最新のトラックバック
リンク
プロフィール
このページの先頭へ