静岡高教組の教育研究ブログです
ページ: 1/5   >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
2012年藤枝市平和展
 藤枝市平和展 8月4日(土)5日(日)
 藤枝市生涯学習センター
 新藤兼人監督作品「一枚のハガキ」
 高校生・若者による「青春の鼓動」
   和太鼓、バンド演奏、朗読劇、大書パフォーマンス、ブラスバンド演奏
   藤枝市東部すみれの家のみなさんによるハンドベル演奏など
2012_0626平和展チラシ表

2012_0626平和展チラシ裏
   
| 自由と平和 | 22:41 | comments(0) | trackbacks(0) |
2011年 藤枝市平和展 8月6日 7日
 
8月6日(土)と7日(日)に、藤枝市生涯学習センターで、「2011年藤枝市平和展」を行いました。
 8月6日(土)の午後1時半から開会式。
 午前中からリハーサル。


 2011_0806オープニング和太鼓1

 何でも遊び道具にしてしまう女子高生
2011_0806鏡

 約150人分のカレーライスづくり。
2011_0806カレーライスづくり

 牛肉の辛口、豚肉の中辛、鶏肉の甘口、そして混合の4種類。
2011_0806牛肉カレー

2011_0806平和レストラン

 「おいしい!!」と大好評。
2011_0806カレーおいしい

2011_0806カレー男子和太鼓

2011_0806カレーすみれの家

 午後1時半からの「青春の鼓動 平和だからこそ」
 オープニングは、藤枝北高校の総合・和太鼓「桃華」
2011_0806オープニング和太鼓

 実行委員長の若栗氏のあいさつ。
 まずは、金谷高校書道部の「書道ガールズ 大書パフォーマンス」
 坂本九の「上を向いて歩こう」などの曲に合わせて、「絆」
2011_0806大書

2011_0806

 東部すみれの家の人たちによるハンドベルの演奏
2011_0806すみれの家ハンドベル

 藤枝北高校演劇部による「あたたかい木」の朗読
2011_0806演劇部

 藤枝北高校「総合・音楽」講座生による歌
2011_0806歌

 少林寺拳法部による演武
2011_0806少林寺

 とりは、ブラスバンド部による演奏
2011_0806ブラスバンド部

「若い人たちがたくさん来てくれてうれしい。エバーグリーンの展示の中の無言館の絵もものがたっているけれど、戦争が起きればまず若い人たちが戦場に駆り出される。戦争は第一に、若い人たちの将来を奪うもの。」
「何のために学んでいるのかわかった。自分の能力をみがく理由がみえた。平和な社会・世界を作るためだったんだ。」
「学校から地域に出て、練習してきたことや学んできたことを見てもらうことって、緊張するけれどやってよかったって感じる。」

展示会場では、エバーグリーンの「佐治麻希さんを訪ねて」の展示
2011_0807エバグリ展示1

2011_0807平和展エバグリ佐治麻希さん展示1

2011_0807エバグリ展示佐治麻希さん2

 関係者の一部が集まって記念撮影
2011_0807エバグリ展示記念撮影
| 自由と平和 | 21:12 | comments(0) | trackbacks(0) |
3・1ビキニデー

アメリカの水爆実験で日本漁船やマーシャル諸島島民らが被災した「ビキニ事件」(1954年)から57年となった3月1日、被災した漁船「第五福竜丸」の母港・焼津市で「献花墓参行進・墓前祭」「3・1ビキニデー集会」がおこなわれました。焼津文化センターで行なわれた集会には1600人が参加しました。高教組からは前日の日本原水協全国集会とあわせて11人が参加しました。



1000人が参加した原水協全国集会(2月28日、静岡市民会館)




墓参平和行進(焼津駅前)


墓参平和行進(焼津港)



3・1ビキニデー集会で主催者挨拶をする県実行委の川本司郎代表委員(県原水爆被害者の会会長)



焼津文化センターの集会には1600人が参加



リレートークで発言する青年代表(東京の大学生)

| 自由と平和 | 18:12 | comments(0) | trackbacks(0) |
足立力也さんの講演会がひらかれます
| 自由と平和 | 07:07 | comments(0) | trackbacks(0) |
日本母親大会で焼津から核兵器廃絶を訴える
8月27ー28に福島で行われた日本母親大会。
全体会には1600人の人がぎっしり。静岡からは
161人、高教組からは7人(うち小学生2名)参加しました。

 


焼津市で核兵器廃絶署名を全人口過半数を集め
市長自らNPT議長に手渡したと報告、拍手喝采を浴びました



一人の焼津市民が描いた巨大な第五福竜丸の絵を会場に展示し、注目を集めました

| 自由と平和 | 23:11 | comments(0) | trackbacks(0) |
故久保山愛吉氏追悼焼津行動にみんなで参加しましょう!
 
核兵器のない平和で公正な世界をつくろう
 
◎「原水爆に被害者は、私を最後に」(久保山愛吉)
◎「被爆者とその遺族が生きているうちに、一発残らず核兵器をなくしてください」(久保山すず)

I.久保山さん墓参行進
  ◆JR焼津駅(集合9:10 出発 9:30ーー→弘徳院へ)
 
 
市内を行進します

II.弘徳院にて墓前の誓いのつどい (10:20〜11:30)
  
   
誓いの言葉
   献花・墓参

III.焼津のつどい 焼津市議会庁舎にて(13:00〜16:00 
                         *開場12:00)
  ◆うたごえ
  
◆講演 「核兵器のない世界へ、次のステップを」
        安斎 育郎 氏
         (原水禁世界大会議長
          立命館大学国際平和ミュージアム名誉館長) 
   ◆特別発言 
       
  ◆自由発言
  ◆「9・23焼津アピール」の提案・採択 ほか

 
人類初の水爆実験の犠牲者、第五福竜丸の無線長久保山愛吉さんが亡くなってから56年目を迎えました。
 「人類と核兵器は共存できない」という被爆者の叫びに応えて、今や核兵器廃絶の声は世界の流れに広がっています。

 今年5月に開かれてたNPT(核不拡散条約)再検討会議で合意された最終文書は「核兵器のない世界の平和と安全」を達成することを決議しました。

 こうした中で開かれた原水爆禁止世界大会は、国際会議宣言で「核兵器の無い世界が国際政治の明確な目標になった今、次に求められるのは、その実現のための具体的行動である」と呼びかけています。

 核兵器廃絶に向けて私たちに何ができるのかーーご一緒に考えましょう。多くのみなさんの参加を心から訴えます。

主催:2010年3・1ビキニデー静岡県実行委員会




| 自由と平和 | 15:31 | comments(0) | trackbacks(0) |
佐治麻希さん、紙芝居「さだ子と千羽鶴」で平和活動ーーTV放映深夜に
 今夜深夜のことですが、録画してご覧下さい
「祈り伝えたいーー紙芝居で平和活動」

○5月27日 25:10〜 55分間
○第一テレビ「ドキュメント静岡」
   「祈り伝えたいーー紙芝居で平和活動」

○伊豆市八木沢(土肥) 「妙蔵寺」の僧侶 佐治麻希さんが
紙芝居「さだ子と千羽鶴」(小学校6年生の時描いた)を上演しながら「悲劇を繰り返さないで。核兵器・戦争のない世界を。」と呼びかける。その姿を特集。

○佐治さんは5月1日〜8日、NPT行動で静岡の原水協・被爆者の会の人たちと一緒にニューヨーク・トロントに行き紙芝居を上演、高教組代表ともずっと同じコースでした

○海外の人たちに「核兵器の怖ろしさと、悲劇を繰り返してはならない」という思いは伝わったでしょうか?

○そもそも佐治麻希さんはなぜ小学校6年生の時描いた紙芝居を上演し続けるのでしょうか?

○日本の被爆体験をどのようにして若い人たちに継承していけばよいのでし 
ょうか?



マンハッタンのピースパレードで



宗教者平和協議会主催のつどいにて
(タイムズスクエア近くのSEIUの会館) 



ピースパレードでーー佐治麻希さんと静岡からの参加者

| 自由と平和 | 21:21 | comments(4) | trackbacks(0) |
NPT行動でニューヨークに行って来ました
 「核兵器のない世界を!!」は世界の声
ーー多彩な行動で訴えましたーー


署名やピースメッセージを書いてもらう


被爆者といっしょに高校生がつくった横断幕を持って


被爆の実相をDVDで見てもらう


この後、被爆者が体験を話す


国連ロビーでも写真展と被爆体験のお話しを


ビキニ事件・第五福竜丸乗組員の大石又七さんも初渡米
放射能の怖ろしさを語る


佐治麻希さんは「さだ子と千羽鶴」の紙芝居を上演


みなさんからの署名700万筆を国連に届ける

まだまだ話しきれないことがいっぱい
               報告会に出向きます
| 自由と平和 | 00:33 | comments(0) | trackbacks(0) |
世界の平和の本を集めました

「子どもの本・九条の会」2周年イベント5日〜8日のご案内

──戦争と平和をめぐる子どもの本展──

◯5月5日(水)〜8日(金) 午後1時〜5時

◯場所:オリンピックセンターセンター棟  506・507号室

戦争と平和をめぐる本の展示を行います。 開催期間中、下記のイベントが決まっています。 この他にも、参加ご協力を申し出てくださった方は、ご自分のご都合のいいお時間にお越しになり、読み聞かせなど、どうぞドシドシお願いいたします。作家の方もどうぞ本を持ってご参加ください。 スケジュールは若干前後することがございます。

くわしくはこちらのホームページ「子どもの本・九条の会」をご覧ください。 


◆5月5日(水)

午後1時 平田景さん(絵本作家)による絵本読み聞かせ 

午後1時半 高橋うらら・カンボジアの子どもたちの地雷被害報告 

午後2時 西山利佳(評論家)と濱野京子(作家)が語る「児童文学者は社会にどうコミットするか」 

午後3時〜作家たちが自作を語る会(何人作家が来てくれるかな?)


◆5月6日(木)

午後2時 坂本のこさん(作家)による「ビスケットと少年」朗読とスーダンのお話


◆5月7日(金)

午後2時 田畑精一さん(絵本作家)による朗読とお話「子どものころ戦争があった」


◆5月8日(土)

午後1時半 高橋うらら・カンボジアの子どもたちの地雷被害報告 

午後2時 東京の被爆者団体の方によるお話 

午後3時〜作家たちが自作を語る会(何人作家が来てくれるかな?PART2)

JUGEMテーマ:ニュース
| 自由と平和 | 08:55 | comments(0) | trackbacks(0) |
「静岡県平和宣言」を県議会で採択

「核兵器のない地球を目指すふじのくに静岡県平和宣言」を
3月1日「ビキニデー」に、全会一致で

 県としての非核宣言は全国で41番目。私たちの願いがようやく実現しました。決議は「核兵器を廃絶し、戦争のない世界を実現することは、人類共通の願い」と強調。「世界唯一の被爆国として、原爆による広島、長崎の惨禍やビキニ環礁での水爆実験による焼津の第五福竜丸の悲劇を再び繰り返さないために、核兵器の廃絶と恒久的な平和の実現を世界に強く訴え続けていかなければならない」と述べています。

 今年5月に国連で開かれるNPT(核不拡散条約)再検討会議に向けて、静岡から40名以上の代表団を送ります。高教組からも参加します。皆さんの願いを届けます。署名やピースメッセージを寄せてください。生徒たちにも呼びかけましょう。

「ビキニデー」での森住卓さんの講演から
<水爆実験で放射能被害を受けたおばあさんと口蓋列の子ども>

<水痘症の赤ちゃんがイラクでもアフガニスタンでも多数生まれている>

| 自由と平和 | 23:38 | comments(0) | trackbacks(0) |
カレンダー
SMTWTFS
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
推薦図書
推薦図書
推薦図書
最新記事
分類
ここで過去の記事が見られます
最新のコメント
最新のトラックバック
リンク
プロフィール
このページの先頭へ